ホーム>LPケア方法

LPケア方法

「ベーレンプラッテ」の レコード・ケア法

CDに多くの埃や、傷がついたりすると、音飛びをおこしたり、ひどいときには、再生不能になったりします。LPでは、音が出なくなることはありませんが、ノイズ出たり、汚れがひどいときには、針飛びを起こします。さらに、LPは、その表面のケアしだいによって、音質が大きく変わることを忘れてはいけません。盤面の処理によって、得られる音のクオリティが、大きく違ってくるのです。ここでは、私の経験によって得られたケア法についてお話ししたいと思います。

1. LPクリーナーによるクリーニング

もっとも一般的な方法です。クリーナーで、LP表面にあるゴミなどを取り去る方法です。現在でも、クリーナーは数多く市販されています。もっとも一般的なものは写真1・2のような、ベルベットなどで、表面についたごみを取るタイプです。LPファンであれば、たぶんひとつはお持ちだと思います。私も今までに、10種類以上は購入したと思います。このタイプのクリーナーでは、LPの表面に付着した埃などは、拭きとることが出来ますが、残念ながら、こびりついた頑固な汚れや、カビなどにはあまり効果がありません。また、LPとクリーナーの摩擦により静電気が発生し、さらに埃を盤面に吸い寄せてしまう可能性があります。

 

写真1

写真1

写真2

写真2

 

2. クリーニング液を使用する方法

最近、多くのメーカーからさまざまなLPクリーニング液が発売されています。私も何種類か試しました。効果は顕著で、うまく使えば、ノイズ はかなり少なくなります。頑固な汚れもかなり良くとれます。それと同時に、盤の表面に残るクリーニング液のため、再生音の質も多少ですが、変わってきます。このあたりが、好みを分けるかもしれません。

 

3. クリーニングマシンによる洗浄

もっとも効果的な方法です。いわゆる、「バキューム式」と呼ばれる、クリーニングマシンを使用する方法です。「バキューム式」原理を簡単に説明しますと、アルコールを中心としたクリーニング液をLP表面にまんべんなくふりかけ、非常に細い毛先のブラシで溝の底にある汚れまでかき出します。その作業が終わったら、汚れた洗浄液を、掃除機と同じ原理の機構で完全に吸い取ります。

このマシンの効果は絶大で、ほぼ100パーセントの汚れやごみ・カビは落ちてしまいます。また、音質向上にも非常に効果があります。事実、新品のLPをクリーニングしても、明らかに音質が良くなります。ヴェールを一枚はがしたように、鮮明な音になります。しかしながら、ウィークポイントもあります。マシンの機構上、ノイズが大きいこと(掃除機と同程度のノイズが出ます)と、高価なことです(価格は10万円台~50万円台)。

なお、当店でお買い上げいただいたLPはすべて(未開封盤を除く)、この方式のマシン中、一番昔からある、英国のキースモンク社のクリーニングマシン写真3で洗浄後、皆様にお送りしております。
これで、クリーニングを一回行えば、通常の聞き方をされていれば、ノイズは気になりません。

写真4は、洗浄に使用する前と洗浄後のクリーンニング液です。これを見れば、クリーニングマシンの洗浄効果がお分かりになると思います。また、いかにLPが汚れているかが見てとれます。

 

写真3

写真3

写真4

写真4

 

4. タオルによるクリーニング法

この方式が、コストパフォーマンスが一番高いです。タオルを一枚だけ用意すれば、クリーニングマシンを用いた場合をほぼ同様の効果を得られます。まず、きれいなタオルを用意します。出来れば、新品よりもある程度使い込んだものの方が良いようです。このタオルをぬるま湯でよくすすぎ、ありったけの力でしぼります。固く絞ればそれだけ効果的です。

 

タオルによるクリーニング法 タオルによるクリーニング法 タオルによるクリーニング法 タオルによるクリーニング法

 

以上、私が、これまでの経験をもとに、レコード・ケア法をまとめてみました。
もちろん、このほかにも、効果的な方法があると思います。もし、ご存知でしたら、ご一報いただければ幸いです。